ホイールローダ

ホイールローダとは
車体の先端に装着したバケットにより砂利や砕石をすくい込み、ダンプトラックなどへの積込作業を行うのが、KCM主製品:Hitachiホイールローダです。
バケットをさまざまなアタッチメントに付け替えることで、除雪作業や木材、産廃などの取り扱いも可能となり、四輪駆動の走破性、機動性を活用することで多種多様な現場で使用されています。

「Hitachi」が選ばれる理由
砂塵舞う灼熱の砂漠から氷点下の寒冷地までホイールローダの活躍現場は多岐にわたります。世界各地の過酷な作業現場でさらされる、激しい振動、衝撃、厳しい外気温度のなかでも稼働を継続する高い信頼性が求められます。その信頼性や耐久性に定評があり、市場から高い評価を得ているのがHitachiホイールローダです。さらに昨今のお客様ニーズである安全性、快適性、省燃費を高いレベルで実現しています。

国内販売機種 (Hitachiブランド)

日立建機日本(株)のホームページよりご覧いただけます

わくわくミニ建機 (Hitachiブランド)

ミニホイールローダ(ZW20~ZW40-5Bまで)についてご覧いただけいます。

(日立建機日本(株)のホームページ)

海外販売機種 (Hitachiブランド)

日立建機(株)グローバルサイトよりご覧いただけます

海外販売機種 (KCMブランド)

KCMグローバルサイトよりご覧いただけます

© 2018 KCM Corporation, All rights reserved

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。