労働安全衛生方針

 〔基本理念〕

株式会社KCMは、安全と健康の確保は、企業経営の基盤をなすものであり、事業活動における社会的責任と認識し、人命尊重及び順法の精神に則り、「安全と健康を守ることを全てに優先させる」をスローガンとして安全衛生活動に取組む。

 

〔基本方針〕

株式会社KCMは、建設機械の設計・開発、製造、付帯技術サービスを主たる事業とする建設機械メーカーである。

当社は、協力会社を含めて、全ての職場において全員参加による安全衛生活動を積極的に推進することにより、職場に存在するリスクの低減を図り、誰もが快適で安心して働くことのできる安全な職場環境を実現するという信念を持ち、以下の方針に基づき労働安全衛生マネジメントを実施する。

 

1.当社の事業活動における「飛来・落下」「挟まれ・巻き込まれ」「切れ・こすれ」等のリスクが、従業員の安全衛生に影響を及ぼしていることを十分に認識し、設備的管理策を中心に、リスクの除去又は低減を実施し、負傷及び疾病の予防を図るとともに、労働安全衛生マネジメントシステムの継続的改善を実施する。

2.当社の労働安全衛生危険源に関係する法律、条令、協定等の適用すべき法的要求事項及び当社が同意するその他の要求事項を順守する。

3、当社の安全衛生活動として次の項目を重点項目として揚げ、活動を展開する。

(1)労働安全衛生マネジメントシステムに基づく活動と機械・設備、作業方法のリスクアセスメントの効果的な実施による労働災害の防止

(2)5Sの強化推進、安全衛生教育、TBM等による安全意識の浸透

(3)「健康経営」の推進による総合的な産業保健活動の強化

(4)メンタルヘルスケアの一層の充実

(5)労働安全衛生関係法令遵守の徹底

(6)自動車事故の防止

4、この労働安全衛生方針を達成するために、労働安全衛生目標を設定し、株式会社KCMで働くすべての人による労働安全衛生管理を推進する。労働安全衛生目標は定期的にレビューし、必要に応じて改訂する。

5、この労働安全衛生方針は株式会社KCMで働くすべての人に、それぞれの労働安全衛生の義務を自覚させる意図をもって周知するとともに、協力会社にも伝達して理解と協力を要請する。また、この労働安全衛生方針は一般の人々にも公開する。

2018年4月2日
株式会社KCM
統括安全衛生管理者

 

© 2018 KCM Corporation, All rights reserved