環境への取り組み

排出ガス規制対応製品の開発・製造 -ホイールローダ ZW-6シリーズ-
排出ガス規制のオフロード法2014年基準に適合し、ZW310-6は、車両状態を瞬時に判断し、無駄なアクセルの踏みすぎを補正するアクティブエンジンコントロールの進化により、従来機(ZW310-5B)に比べ、燃料消費量を低減しています。

* 排出ガス規制は、日本のオフロード法2014年基準の他に欧州(Stage IV)、北米(Interim Tier Final)に対応しています。

「KoCoroのMori」の開設

2018年4月に、当社本社及び播州工場がある兵庫県稲美町に近接する、県立三木山森林公園に約1.2ヘクタールの「KoCoroのMori」を開設しました。森林整備をはじめとした様々な活動を行い、地域への貢献と社員の環境意識の醸成、人材育成、CSR活動を行って参ります。

環境に優しい生産活動の推進 -当社工場内の省エネパトロール-

生産工程では電力・都市ガスを始めとする各エネルギーを使用していますが、環境に優しい生産工場をめざしてエネルギー使用量低減活動を推進しています。 組立・加工等の各工程では圧縮空気を使うため、工場各所に空気配管を張り巡らしています。配管から空気が漏洩すると、無駄なエネルギーとなります。そこで、超音波を利用したエア漏れ検出器を導入し、配管からのエア漏れを点検し、漏洩部分の修理・更新を実施し、無駄なエネルギーの削減に努めています。

当社工場内の天井照明のLED化

省エネ設備への入れ替えを進めており、工場内の水銀灯をLEDに交換することで照明電力使用量を従来の1/4に低減しています。工場全体で約1000灯の水銀灯がありますが80%以上をLEDに交換済みです。今後も順次LEDに切り替えて参ります。

廃油リサイクル

当社は廃棄物のリサイクル活動を推進しております。使用済み作動油を分別することでボイラー設備などの再生燃料の原料として利用し、廃棄物の削減と限りある資源の有効利用を進め、環境に優しい生産活動を推進しています。

環境コミュニケーションの推進 –アサザの花-

兵庫県内には約3万8千カ所のため池があり、その数は全国一です。本社/播州工場がある稲美町には県下最大の加古大池、県下最古といわれている天満大池があり、環境省のレッドデータブック準絶滅危惧種に指定されているアサザが生息しています。当社も稲美町主催の「いなみ環境会議」のメンバーとして参加し、ため池の水質分析などを通じて地域の環境保全活動に協力しています。

© 2018 KCM Corporation, All rights reserved

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。