「90ZV-2」のリコール・改善対策情報を掲載   (平成26年08月20日届出)

対象車両をご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、担当の販売会社からご案内させていただきますので、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます

リコール届出番号 3413 リコール開始日 平成26年8月21日
基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因 原動機回転センサーにおいて、センサー先端部の構造が不適切なため、潤滑油がセンサー内部に浸入し破損する場合がある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、原動機が停止し走行不能になるおそれがある。
改善措置の内容 全車両、原動機回転センサーを対策品に交換する。

 

 

車名 型式 通称名 リコール対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車
川崎 JDS-90C5 90ZV-2 90C5-0375~90C5-0538
平成24年02月03日~平成25年02月28日
14台
(計1型式) (計1車種) (製作期間の全体の範囲)
平成24年02月03日~平成25年02月28日
(計14台)
【注意事項】リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

icon_1r_24改良箇所説明図 ダウンロード

お問い合わせ先
株式会社 KCM プロダクトサポート部
Tel: 079-495-3340
受付時間 9:00~12:00/13:00~17:00 (土・日・祝日・当社休業日を除く)

© 2019 KCM Corporation, All rights reserved

当WebサイトはCookieを利用しています。

当Webサイトの利用により、お客様は当社および第三者がCookieを利用することに同意したとみなします。Cookieに関する詳細は「個人情報保護方針に関して」をご一読ください。